世界で最も優れたタクシーが走る都市ランキングTOP7

タクシーは、どんな境地に行っても、どんなに大雨が降ったとしても、いつもすぐそこにいますよね。まるで、世界という家族の大黒柱のような存在です。

しかしながら、そのタクシーという主要な交通手段も今、厳しい時代を迎えています。燃料価格の高騰が乗車運賃を押し上げており、口うるさい政府は、エコロジーには反するけれども、従来の車を道路から追い出すことに躍起になっています。ご存知のとおり、Uberは言うまでもなく、急速に拡大しています。

そこで今回は、手遅れになってしまう前に、世界最高のタクシーランキングをリストアップしてみました。下記にあるタクシーは、目的地に連れて行ってくれるだけでなく、運賃をかけがいのない体験に変換してくれます。ぜひ最後までご覧ください!

  • ロンドンのハクニーキャリッジ

ロンドンの黒塗りタクシーは、正式には「ハックニーキャリッジ」と呼ばれ、卓越した多芸多才なドライバーが運転しています。専門家によると、これらのタクシードライバーは、ロンドンにある2万5千通りものストリートを知り尽くしているため、一般人よりも脳が大きくなっているそうです。

幸いなことにも、フィッシュ・アンド・チップス、バッキンガム宮殿、世界トップクラスのバーテンダーと同じくらいロンドンの見どころとなっているこの黒いタクシーには、5人の乗客とその荷物、そして運転手の肥大した海馬のために十分なスペースが確保されています。

  • ニューヨークのイエローキャブ

ニューヨークの名物イエローキャブには、ボンネットの下に強力なV8エンジンが搭載されているため、運転手がまるで徴税人に追われているかのように激しく運転できるのは当然のことかもしれません。しかし、そう長くは続きません。

このイエローキャブはガソリンをガブ飲みするので、より環境にやさしい日産車へ取り替えることになったのです。日産車になっても依然として、マンハッタンのデリカテッセンのチーズのように黄色に塗られますが、ニューヨークのタクシー独特のニオイは残るかどうか、見ものですね。

  • ハバナのアメ車

輸入車もまだなかった時代、進取の気性に富むキューバ人は、ボロボロになったビュイックやキャデラックを乗り続けるために、洗濯機の部品を解体し、改造や修理に使ってきたそうです。ハバナのタクシードライバーはほとんどが無免許であり、過剰な料金を請求することもしばしば…。コーラ、ラム酒、ライムが苦手な人にとっては、キューバに無料のものはないようだ…。

  • インド・コルカタのアンバサダー

黄色いタクシー「アンバサダー」もまた、1948年以来、組み立てラインからタクシー市場へと参入することができた生き残りの車種です。レトロな曲線、ターバンで乗れる高さ、ひどいヒンディー語の音楽を流し続けるラジオなど、コルカタをはじめ、インドの複数の都市で何世代にもわたって乗客に親しまれてきました。

  • バンコクのトゥクトゥク

三輪タクシーは、バンコク固有のものでもなく、バンコクで生まれたものでもありませんが、タイは自国のものだと主張しているそうです。近年、より安全な四輪タクシーとの厳しい競争によって、トゥクトゥクドライバーは失業の危機に瀕していますが、それでもトゥクトゥクは、ゴキブリと同じように、おそらく生き残っていくことができるでしょう。

  •  ニュルブルクリンクのBMW

速度無制限区間のあるドイツの高速道路「アウトバーン」だけでは物足りないという方は、ターボチャージャー付きのBMWタクシーをレンタルして、ニュルブルクリンクGPコースを走ってみてはいかがでしょうか。この場合、少額の報酬が支払われ、実質的にスタート地点とほぼ同じ場所にゴールすることになりますが、他のタクシーと似ている点はそれだけです。

  • 香港のトヨタ・クラウンコンフォート

香港で走っているボックスタイプのトヨタ・クラウンコンフォートは、赤、緑、青の原色で色分けされていて、居心地のよい雰囲気とそれに見合うコストを提供しています。香港のタクシードライバーは、たとえ嵐の中でも、お金を稼ぐためならどこへでも行くのが有名です。ただし、外国人が多く住んでいる特別居住区ディスカバリー・ベイには訪れることはできませんが、そこでは走行できる車が制限されているので仕方ないでしょう。